No Meat, No Life.

横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。

2008年6月30日 焼肉ランド マルタケ

2008年上半期最後の焼きは上肉の盛り合わせを堪能する為にマルタケへ。
キャベツのお通しはいつも通りすごい量。
空腹にキャベツを詰め込んでいると、牛刺しの登場。
今回はレバ刺しが品切れだったので牛刺しを頼んだのだが、なかなか旨い。

1名遅刻との連絡があったので、上タンとホルモン盛り合わせを焼きながら待つことに。
上タンは薄切りながらなかなか旨いが、スタミナ苑の薄切りのタンと比べてしまうと、残念ながら敵わない。

ホルモン類はどれもまあまあ、こんなもんであろう。

ここで遅刻者が合流したので盛り合わせを注文した。
以前は、タレか塩かセレクトしての注文だったが、最近は味付けをせずに出して、お客が自分で塩や胡椒、モミダレを好みでつけるようになったようだ。

まずは黒タン。
先ほど頼んだ上タンより厚切りで質も若干良さそうに見える。
よろにくや凛のタンなどとは同じ土俵に立てないが、世間一般では普通に旨いと言われるタンである。

ハラミは塩でなくタレにしたが、これも普通。
というか、このレベルのハラミが何故盛り合わせに入っているのか不明。

しかし、そんなことはいいのだ。
マルタケの真価はカルビとロースにあるのだから。
上ロースは若干脂が多くついているが、その脂が甘く、やっぱり旨い。

特上カルビ薄切りは、美しい網目模様のサシに目が釘付け。
味は見た目通りの旨さ。

特上カルビ厚切りは、薄切りとはまた違った食感がいい。
しかも厚切りにもかかわらず、蕩ける脂がすごいのだ。

恥ずかしながら、ボリュームとサシの迫力に圧倒されてしまったのはサーロイン。
すごい迫力である。
そして、カルビより赤身の旨さを感じやすく、期待通りの旨さに大満足。

やはりマルタケはカルビとロースが素晴らしいお店であった。
この日は、お店の概観に似つかわしくないこの極上Meatに酔いしれた。