No Meat, No Life.

横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。

2013年4月19日 ゆうじ


なんとなく不完全燃焼感を感じながら"ごつぼ"を出るとすぐに2軒目の検討に入った。
こういった場合は、絶対的な信頼をおけるお店に頼ってしまうものだ。
まずはいつものモツ煮込みで体を温める。
何故か心まで温まるような優しい味わい。

厚めで食べたいとお願いしたタンは、予想を上回る厚切り。
火入れによってぷっくりと膨らんだタンは、ミルキーな甘みを広げ、実に歯切れの良い食感を感じさせる。

イチボは"加藤牛肉店"の山形牛のようだ。
赤身からは独特な味わいが感じられ、サシの強さは程よい。

ハラミはニンニクがガツンと来るが、その直後に肉汁の洪水にやられる。
この下味が絶妙ではまってしまう。

〆は醤油ダレのホルモン。
醤油ダレでありながら、尖った印象がなく、まろやかに個性的なホルモン達を包み込んでいる。
どのホルモンも間違いのない旨さ。

終電に追われお店を出る頃には、満足しきってしまっていた。
週一で通い詰めるヘビーリピーターがいるのも納得。
それほどの魅力があふれるお店だ。