No Meat, No Life.

横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。

2014年4月14日 Cossott'e SP

カウンターに陣取り、込山さんから受け取る『お任せ』という名のボールをしっかりと受け止め投げ返す。
小気味良いキャッチボールの様に『お任せ』は進んでいく。
直球がズバッと入れば、時に変化球も織り交ぜて。
肉巻きおにぎり
宮崎発祥の人気料理は豚から牛、既に焼かれたものから自分で焼く様に姿を変え、麻布十番で昇華した。
肉が旨いのはもちろんだが、中の御飯とのバランスも完璧。
満足度 4

スペシャル(白)
前菜の定番・サーロインの薄切りは軽く炙って。
食べた瞬間に広がる甘みは幸せの味。
満足度 5

レバ焼き
甘みとコクがあり、食感もトロリとした極上品。
満足度 4

スペシャル(赤)
白はサーロインだが、赤は内モモ。
内モモとは思えないほどサシのインパクトがあるが、それがあっさりとしていて赤身の味を邪魔しない。
満足度 4

タン先の赤ワイン煮込み
嬉しい一口サイズ。
じっくりと煮込まれコクと深みがある旨さ。
満足度 4

焼きしゃぶ
サーロインではなく内モモの焼きしゃぶ。
ビジュアルからして100点満点。
さっとポン酢をくぐらせるとあっさりと、そして赤身が際立つ。
満足度 4

タン元
サクサクの食感とジューシーな肉汁の旨さが印象的。
満足度 4

ランプ
見た目からはいつもと変わらないランプ。
しかし食べて驚くのは、深く濃厚な肉の味。
そして適度な歯応えとジューシー感は完璧。
満足度 5

タン筋
筋にしっかりと火を入れて甘みを引き出すと、その筋特有の甘みとニンニクが効いてジャンクっぽい味付け。
しかしこれが恐ろしく旨いのだ。
満足度 4

メンチカツサンド
パン、衣、ソース、そして雌牛の切れ端がたっぷりのメンチは出会い、問答無用の旨さ。
満足度 4

ホルモン鍋
レバ、コプチャン、ミノが入った小振りの鍋だが、出汁がしっかりと効いてる上に、半生のとろりとしたレバの甘さ、コプチャンのコク、そしてミノのザクザクとした食感が最高の鍋を完成させている。
何杯でも食べたくなるホルモン鍋だ。
満足度 5


ガリ
硬さがあるのだが、これが嫌な硬さではなく、野性味を感じさせる食感。
肉汁は純度の高いジュースのようだ。
満足度 4

内モモ
今回最多出場の部位・内モモ。
今度は塊のまま焼き上げステーキ風に。
しっとりとしたレアな部分の食感と肉の旨みは最も強く感じる。
赤身好きという人には必ず食べて欲しい。
満足度 4


ミノ
隠し包丁で丁寧な仕事がされたミノ。
ザクザクとした心地良い噛み噛み応えがたまらない。
満足度 4

ハツモト
ここまで脂の付いたハツモトは本当に珍しい。
あえて内臓業者さんに脂を残してもらっているのだが、この脂がしつこくなくて実に旨いのだ。
満足度 4

内モモ
また内モモかと思いきや、これは今までの黒毛和牛と違ってF1の内モモ。
旨いことは旨いが、食感だけでなく味の濃さでも黒毛和牛と比べるのは可哀相だろう。
満足度 3

トウガラシのサンチュ巻き
トウガラシが勿体無いと思う方もいるかもしれないが、サンチュと特製の味噌との相性もあり、料理として非常に旨い。
満足度 4

ランプ炙り
ロースターの炙りとはちょっと違ったバーナーの炙り。
これも肉の味が濃い。
今までの内モモもそうだが、最高の黒毛和牛の雌牛の赤身の旨さは群を抜いている。
満足度 4

梅パッチョ
〆の一歩手前で箸休め。
さっぱりとしていて素晴らしい出来。
満足度 4

ビフカツ丼
〆はビフカツ丼だが、これには何と分厚いサーロインが。
最初は脂が重そうだったが、一口で脂の軽さに気付く。
そして上品な味付けとのマッチングもいい。
満足度 4