No Meat, No Life.

横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。

2014年7月1日 ヴィクトリー

品川区でありながら郊外都市的な雰囲気を残す大井町
サラリーマンや学生が行き交う駅のすぐ目の前の路地を入ると、路上に出された昔ながらの黄色い看板がすぐに目に入る。
黄色の看板に赤字で『炭火焼肉 ヴィクトリー』。
思わず、構えず気楽に入りやすい気持ちにさせられる。
"ヴィクトリー"を訪れたのであれば兎にも角にもハラミ。
ハラミに始まりハラミに終わる、と言っても過言ではない。
前菜でありながら"ヴィクトリー"での1番の看板メニューなのがヴィクトリー刺。
メニューの刺身料理欄には6品ほど載っているが、ほとんどが500円程度の中にいきなり2,000円という圧倒的な存在感を放っている。
それがヴィクトリー刺、要するにハラミ刺しだ。
このハラミが異常に旨い。
ぷりっぷりで弾力に富んだ肉繊維からは鮮度の良さを感じずにはいられないし、赤身の旨みと適度なサシの甘みが見事なバランスを作り上げている。
何より臭みのないその肉片は旨みの塊。
火を入れずにこの旨みは凄いの一言だ。
ちなみにヴィクトリー刺にはレモンが添えられていて、ニンニク醤油かしょうが醤油を選べるが、レモンはご法度でしょうが醤油をオススメしたい。
注文するまでは2,000円に躊躇うかもしれないが、その質、量、味を考えれば安いと言える。
ちなみにこの日我々は1人1皿食べている。


"ヴィクトリー"はもう一つ店名を冠したメニューが存在する。
それがヴィクトリー塩焼。
勘が良い方も悪い方も分かるだろうが、ハラミの塩焼きである。
ニンニクたっぷりの塩ダレで揉みこまれたハラミだが、ニンニクの下に眠るハラミの質はやはり店名を冠するに相応しいレベル。

ヴィクトリー刺、ヴィクトリー塩焼と同じように和牛ハラミを使っているのだが、ヴィクトリーを名乗れないのが赤カルビ焼。
カルビと言っているがハラミのタレ焼きで、値段も200円安い1,800円。
名前や値段の格下げ感はあるものの、このハラミも素晴らしく旨い。
今回がたまたまかは分からないが、ヴィクトリー両者に肉薄するレベルのハラミだ。

それ以外のメニューはハラミほどの凄まじいインパクトはないが、それでも及第点のレベルにある。
モツ煮込みは塩味で、モツ煮込みというよりモツスープと言っても過言ではない。
トロトロではなくかなり食感を残したホルモンがたっぷり入っていて、スープもたっぷり。
これを飲みながらハラミを貪るのが正解だろう。

上ミノ焼は厚みがあり、ザクザクとした食感を楽しめる。

ハチノス焼は柔らかく煮込まれたハチノス、ホルモン焼は脂を落としたシマチョウ。
どちらも懐かしさを感じる。


"ヴィクトリー"は昔ながらの地元で愛されている焼肉屋さん。
別格のハラミは、同じ品川区の芝浦から特別なルートで仕入れているのだろうか!?
とにかくこのハラミは必食だろう。
唯一残念なのは炭がちょっと少なめなところ。
後半は嫌でもじっくりと焼くことになる。
そこで炭を足してくれ、というのも野暮に感じるほど気持ちの良い昔ながらのお店だ。