No Meat, No Life.

横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。

2016年1月7日 白金台こばやし


隠れ家的な雰囲気の日本料理店。
ここで扱われているのが兵庫県産の宍粟牛で、私も初めて知るブランド牛。
ロースを炙って雲丹と一緒に握りで。

この日は普段より部位が豊富という事で、焼物ではタン、ハラミ、ロースにヒレといった部位の食べ比べ。





また、ヒウチの味噌幽庵焼きは日本料理の技術がふんだんに使われていて、そのコクと深みのある味わいは素晴らしかった。


これから更に牛肉に力を入れていくという店主の話を聞かせてもらい、今後どうやって進化していくのか楽しみでならない。