No Meat, No Life.

横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。

2017年1月18日 焼肉 ヒロミヤ

曙橋にある"ヒロミヤ"。
予約困難な焼肉屋として、肉好きには有名なお店である。
予約の取れない理由は、まず値段の安さ。
アップグレードも出来るようだが、基本は2時間飲み放題付きのコースが6000円。
もちろん最高の食材が出てくるわけがない。
しかし、安かろう不味かろうといった内容ではなく、値段を考えれば十分お得感のある素材。
何より驚くのが、手抜きの類が一切なく、丁寧な仕事が施されており、焼肉としての完成度が高いのだ。
人気が出るのが当然。
前回の初訪問時は2階だったが、今回は1階。
内容はほぼ一緒だが、満足度は相変わらず高い。
牛タン
臭みのないタンはサクサクとした食感が活きている。

レバ
角がびっしりと立った立派なレバ。
舌で押しこめば、ねっとりとした甘みを感じさせる。

ミスジ
細かなサシが散った美しいミスジは、初雪のようなふんわりとした食感。


ガリ
奥歯を押し込む心地よい食感。

ホルモン
ツラミ、ミノ、ハツモトの盛り合わせ。
それぞれの食感の違いが、不思議なハーモニーを生み出す。

内モモ
見た目のインパクトが強い霜降りだけでなく、しっかりと赤身が混ざることで満足度が上がる。

ハラミ
〆に相応しい肉々しい食感に、溢れ出てくる豊富な肉汁。

最後は冷麺で〆。
途中、白米も食べ放題。
これで人気が出なかったらどうかしてる。