No Meat, No Life.

横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。

2015年10月6日 炭火焼肉 なかはら


“なかはら”は一体何がここまで他店と違うのか。
まずその仕入れ。
80点や90点など目指しているようには到底思えない。
常に100点を目指した仕入れをしているのだろう。
そして素材を完璧に活かしきる上で重要な見極めも抜群だ。
枝肉のまま冷蔵庫に吊るし、程よく水分が抜けた頃合いを見計らってお店で使う。
そして最も違うのはカットかもしれない。
余分な筋や脂をつけるのは論外として、通常であれば問題ないような部分も食感や味わいを考慮して躊躇なく切り落としていく。
正直、ここまで贅沢に芯の部分だけを提供してくれるお店は他にないだろう。
もちろん削ぎ落とされた部分は切り落としや端材としてメンチカツ等に使われる。
今回は中原さんが不在の”なかはら”を訪れ、命とも入れる中原さんのカット無き”なかはら”を味わうことに。
結論から先に言ってしまうと、スタッフめちゃ頑張ってます。
もちろん中原さんとカットを比べてしまうと酷だが、緊張感が感じられつつもしっかりと中原イズムを継承している。
焦ることはないし、着実に技術は身についている。
店主不在でもここまでしっかりとお店が回る”なかはら”。
ここまで作り上げた中原さんの努力と気持ちに感服する。
タルタルステーキ

幻のタン
この日のタンは塩ダレに全く負けない味の強さあり。

握り

サーロイン
“なかはら”で仕入れる肉がどれほどの素晴らしいのかが一口で分かるのが薄切りのサーロイン。
明らかに他店と違う。

ハラミ

巻きロース

ミスジ

内モモ
今回食べた中のNo.1は内モモ。
しっとりとした食感に適度な噛み応えと肉汁で、口の中いっぱいに肉を頬張る喜びが広がる。
とにかく上品で肉の味が良い。

カメノコ

カタサンカク

切り落とし

ガーリックライス