No Meat, No Life.

横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。

2008年5月11日 べこ亭

自宅の近くに出来たべこ亭に行ってみた。
HPを見ると、会津牛を使用していることと、マンダリン オリエンタル東京の初代総料理長だった山本氏がプロデュースしているとのこと。
会津牛とは今まで聞いたことがなかったが、年間上物率が軽く60%を超えているということで、その飼育技術の高さがうかがえ、肉好きとしては期待が高まる。
山本氏というのは特に知らないし、プロフィールを見ても焼肉屋さんで今までの経験がどう活きるのか不明で、意味が分からんといった印象だった。
ただ言えることは、『焼いてみないと分からない』ということ。
まず、最初の印象は値段設定が高い。
値段に肉質が追い付いていれば、何も問題がないのだが、そうじゃなかった時が辛いと感じるであろう値段設定である。
といっても、安いものもあるのだが、私が食べたいと思うのはどれも立派な値段設定だ。
とにかく今回は初回なので、様子を見ながらの注文とした。
タンは特選タンを注文せずに上タンを注文した。
しかも、この上タンは和牛ではなくオーストラリア産。
大判だが薄い3切れでこの値段は信じられない。
そこそこ旨いが、やはり和牛の上質なタンの様な溢れる旨みは感じられない。
最近は上質なタンを提供するお店が増えているので、これでは全く他店に歯が立たないだろう。
もう上タンを頼むことはないので、次回は特選タンを頼んでみたいが、値段は2.5倍。
どんなに高くても凛やよろにく・炭焼喰人のようなタンが食べれるなら良いのだが、本当に値段に見合うものが出てくるかの不安でならない。
カルビ系は特選カルビを注文。
特選カルビはなかなかの旨さだが、肝心なサシがちょっと粗く、これで特選とはちょっと??だろう。
値段とのバランスを考えても高すぎるので、これも次回は注文しないだろう。

特選ハラミも同じような感想だ。

ロース系で注文したのは、ハネシタ・みすじ・トモサンカク。
正直に言うと、このハネシタを食べて、次回も訪問してみようと思った。
このハネシタは細かいサシがまんべんなく入って見るからに旨そう、しかも大判でボリュームもある。
さらに、常温で脂が溶け出してきているのだ。
両面を軽く炙ると上質な脂で炎があがる。
ご飯を包んで食べたが、口の中で蕩ける甘い脂と柔らかい赤身が絡み合って至福の瞬間が訪れた。
このハネシタは全く値段の高さを感じないものだった。
というか、次回も絶対に注文するだろう。

残念なことに後から、みすじとトモサンカクが品切れだということが分かった。
全体的な印象としては、
①まず肉質に対する値段が全体的に2割から3割程度高い。
ただし、部位によってはそうでないものもあるが。
②サラダや石焼ビビンバなどのサイドメニューが旨い。
これは山本氏プロデュースの賜物か!?
③オープンして2週間で、お店のスタッフも気持ち良い接客を目指しているのが伝わるが、まだ内容は追い付いていない。
オススメを聞いても、特に勧めてくれる部位もないし、品切れの報告など全体的に対応が遅い。
が、一生懸命なのは伝わってくるので、時間が解決してくれる問題であろう。
はっきり言ってまだまだ未知数の焼肉屋さんである。
4〜6人位で訪問できれば、気になるメニューを一気に制覇できるのだが。
とりあえず、次回はみすじとトモサンカクを制覇したい。
その後ろには、まだヒレ・サーロイン・リブロース・イチボ等々もあるのだから。