No Meat, No Life.

横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。

焼ニシュラン-2012-

2012年は過去最高の頻度と量でお肉にどっぷりとつかった1年であった。
そんな1年を振り返るわけだが、あまりに膨大な量でとにかく大変(汗)
何日もかけて1年間の軌跡を辿ったわけだが、★付き店はほとんど変化はなかった。
当たり前と言えば当たり前なのだが、良いお店はより良くなっていたということだろう。
これから私の2012年に感銘を受けたお店を発表するわけだが、これはあくまでも2012年の1年間に限った話であり、どんなに良いお店でも2012年に訪問してなければ載せることはできないし、2012年に訪問していたとしても、その時たまたま普段より感動が薄ければ載せていない、また逆も然り、ということを付け加えたい。
★★★【このお店の存在自体が奇跡だと思う】
[よろにく]
5番の雌牛という最高のお肉だけでなく、素材全てにおいてこだわり抜いているお店。
また、計算し尽くされたコースも素晴らしいが、オーナー自ら接客しながら対応してくれるお任せは、焼肉の範疇を超えた存在。
ちなみに、焼肉好きであればあるほど、お任せとオーナーのVANNEさんにはまってしまうだろう。
昨年、『2011年末現在、ここを超えるお店には、未だ出会ったことがない』と書いたが、2012年末現在においてもそれは変わっていない。


[KIM]
ここKIMのお任せも、常識を超えた感動があった。
KIMのお任せは、料理長の吉田さんの舞台だ。
ベースとなる焼肉は、当然最高で、肉質やカットは非の打ち所がない。
特に厚切りのサーロインは、理解に苦しむほど旨い。
焼肉に工夫を加えて肉料理に昇華させたメニューには、ハンバーガー、カツ、ステーキ、ハンバーグ、すき焼き等、専門店を凌駕するレベル。

★★【あとどれ位通えば、このお店の全てを知ることができるのだろうか】
[ゆうじ]
部位毎の特徴を最大限に活かすカットと味付けで本当のホルモンの素晴らしさを教えてくれたお店。
ホルモン以外にも、正肉を含めた肉料理によって、新境地を見せてくれた。
毎週通っても飽きないファンが多いのも納得。
私も時間と懐に限界がなければ、毎週通いたい。
ゆうじさん劇場に酔いしれるべし。

[七厘]
常陸牛や近江牛を筆頭に雌牛を堪能できる。
究極のお任せである悶絶コースがすさまじいのだが、お任せコースのCPには腰を抜かした。
懐に余裕があれば、幻のタンを頼んで、本物の生の黒タンを味わって欲しい。
また、中原さんの性格がでているのが、お客さんへの対応。
一見や常連で分け隔てなく、一見さんにも貴重なタン元をしっかりと提供している。
当たり前のようで、これはすごいことだと思う。
この精神が進化し続ける"七厘"の原動力となっているのだろう。

[コソット]
込山さん自ら芝浦で仕入れてくる5番の雌牛を味わうと、その目利きの素晴らしさに感服する。
肉質への拘りだけでなく、部位毎に全然違ったカットと味付けで、1皿1皿驚かされるお任せもまたすごい。
込山店長の研究熱心さにはただただ感心するのみ。
2013年2月に麻布十番に2号店がオープン予定なので、弦巻が遠くてあまり行けなかった人には朗報だろう。

★【自分だけであの感動を味わっていいのだろうか】
[虎の穴 恵比寿店]
一昔前に比べて、鮮度の良いホルモンが食べれるお店はかなり増えた。
そんな中、ホルモンの鮮度は勿論、カットや味付けで他を寄せ付けないのが、"ゆうじ"とこの"虎の穴"。
時代は流れても、常に私を驚かせ続ける辛さんに2012年も完全にKOされた。
ホルモン好きには、辛さんのホルモンに関する思いと理論を聞いてみて欲しい。
私は陶酔してしまった(笑)

[スタミナ苑]
日本一有名な焼肉屋さんではないだろうか。
多くの肉好きが訪れる名店であるが、店主である豊島さん渾身のお任せコースを食べたことがある人は少ないのかもしれない。
2012年に食べたお任せコースの中にあったコブクロの根元。
あんなに官能的な食感のホルモンは、人生で初めて。
言葉で表現できない自分がもどかしい。

[ジャンボ 篠崎本店/本郷店]
ブランドにこだわらず、常に上質なお肉を仕入れ、絶妙なカット、秘伝のタレで食べる。
ザブトン、ミスジ、トモサンカクの御三家以外にも並ロースやシンシンは、値段からは考えられないほどの感動を与えられた。
伝説的な存在である篠崎本店以外でも、本店のマスターの息子さんである若率いる本郷店もすごい。
本店の良さを引き継ぎながら、新たな試みを加え、ジャンボのエリートDNAは進化を続けている。

[傳々 本店]
しっかりした肉質とホスピタリティで間違いのない焼肉に出会える。
特にタンとハラミは、都内屈指の仕入れ力ではないだろうか。
また、常に芸術的なカットで、料理長の技術の高さがお皿を通じてテーブルまで伝わってくる。