No Meat, No Life.

横浜の魚屋の長男として生まれたが、家業を継がずに肉を焼く日々。

2015年6月21日 ジャンボ 篠崎本店


日曜日の23時。
一般のお客さんが帰った頃、篠崎の”ジャンボ”でそれは始まった。
テーブルに置かれたのはガスコンロに黒光りした鍋。
運ばれてきたリブロースは飾り気など一切なく、約1.5kgが山盛りにされている。
ここからは大将自らトングを握り、すき焼きを焼いてくれる。
熱々の鍋にリブロースを投入し、特製のタレを。
水を一切加えずに、干しエビや干し貝柱等、様々な魚介系の旨みが詰まった特製のタレはドロドロとしていて、一見するとオタフクソースのようである。
しかし、焼き上がったすき焼きを食べれば、パンチのある強烈な旨みに魚介系の香りが鼻に抜ける。
1枚目と2枚目は肉だけ、3枚目以降は野菜を投入しながらだが、魚介に野菜の水分やエキスが加わると、より一層旨みが際立つよう。


普段は去勢も雌も取り扱う”ジャンボ”だが、今回のすき焼きには雌。
サシもほどほどで、あっさりと肉の味を堪能できる。
割下を使わないということで、大将は関西風すき焼きと言っていたが、これはやはりジャンボ風すき焼きだろう。
オリジナリティ溢れるすき焼きは、”ジャンボ”を感じさせる味わいであり、とんでもない旨さ。
そして、背徳感も美味への隠し味なのかもしれない。